チビで貧弱な僕と幼馴染の美少女博士はアスリートを夢見る (外部サイトで読む

ばびぶ

2020年6月『カクヨム2020夏物語』中間選考に残りました。

2020年の初夏。
僕は中学生になっていたが、新型肺炎の影響で中学校には行けずにいた。

実は休校中の今、一番の僕の悩みは自身の体格の貧弱さ。
この体格ゆえに運動部に入りたいが躊躇っている。

部活申込用紙も届いたし、そろそろどの部活に入部するか考えなければ……

そんなある日。
郵便物を取りに自宅から外に出た僕は、隣人で幼馴染のあずさ博士と遭遇。
そしてあずさ博士と会話をするうち、僕はあることに挑戦してみようと決意するのだった。

果たしてあずさ博士は僕のコンプレックス解消の救世主なのか?
それとも……

“2020年夏”をテーマにした物語を募集する『カクヨム2020夏物語』コンテスト参加作品です。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    hellip
    体格
    隣人
    チビ
    体格ゆえ
    救世
    幼馴染
    初夏
    新型肺炎
    躊躇
    あずさ博士
    アスリート
    部活
    中間選考
    遭遇
    部活申込用紙
    コンプレックス解消
    中学校
    カクヨム2020夏物語
    休校中

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち