バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

4.変なものを見た

 普段おしゃべりなシノさんは、機嫌が悪くなると急に何も言わなくなる。
 シノさんがむっつりとしてるので俺も黙りこみ、ヤな感じの空気になった。
 俺的にはすごく納得出来ないまま店を閉め、エレベーターで上がろうとしていたところへ、どんぴしゃタイミングでコグマが帰ってきた。

「あ、柊一サン!」

 節操なしのメンクイ野郎はシノさんを見た途端に、こちらへ走り寄ってくる。
 普段はそういうコグマを適当にあしらっているシノさんなのだが、今日はたぶんと言うか確実に俺へのアテツケで、やたら愛想良くコグマに挨拶した。

「お〜、コグマおっかえり〜。丁度良かったなぁ、ウチ来て一緒に夕飯食ってかね〜?」
「え、いいんですか! 嬉しいなあ、ぜひお願いします! ああ、よかった、ホントよかった…」

 妙な事にコグマは、シノさんに擦り寄りたいという以上に、俺らに擦り寄ってきたみたいだった。
 今までは俺の事など、シノさんにアピールするのに邪魔っけ! みたいなニュアンスがあったのに、急にどうしたんだろうコイツ?
とにかく俺とシノさんとコグマの三人で、シノさんの部屋がある五階へ上がった。
 ホントは俺もシノさんへのアテツケで、今日は一緒の夕飯はパス! くらいの事を言いたかったが、惚れてる者にはそんな事とても言えないのだ。
 ペントハウスの玄関をくぐったところで、ホクトの声が聞こえてきた。

「なるほど、そういう事だったのか〜! ケイにお兄さんが出来たなんて面白いなあ! でも俺はおまえの事だから、実家から都内へ通学とか、ムチャしでかしてるんじゃないかと思ってたんだぞ! 神楽坂にいるって知ってたら、俺だってこっち方面で部屋探ししたのに、水臭いなぁもう〜!」

 ペントハウスの玄関は、リビングと壁一枚を隔てている。
 広いリビングを突っ切って、一番奥に行くとキッチンがあるのだけど、あんまりハッキリとホクトの声が聞こえたので、敬一クンはホクトをソファにすら案内せずに、リビングに入ってすぐのシノさんの健康器具で遊びながら会話でもしているのかと思った。
 赤ビルはものすごく音が響きやすい構造をしているし、俺が以前シノさんのところに遊びに来た時とか、デッカイ声で呼べば聞こえてたけれど、それはあくまで怒鳴れば聞こえるって話で、リビングのソファで穏やかに会話している人間の声が、フロア全部に響き渡るワケじゃない。
 だから前述のような想像をしたのだけど、リビングに入る扉を開けてもそこには誰もいなくて、敬一クンとホクトは大きなガラス戸を隔てたキッチンに立っていた。
 キッチンのガラス戸は真ん中の扉が開け放ってあったけど、全開になっているワケでも無く、正直そこで作業をしながら会話してるだけなのに、玄関まで声が聞こえるってどんだけはっちゃけてんだよ…ってテンションだ。
 しかし考えてみたら最初のミュージカルの時点から、彼ちょっと…いや、かなりヘンだったから、これぐらいのはっちゃけは当然なのかもしれない。

「お客さんですか?」

 俺達にくっついてリビングからキッチンを見たコグマが、シノさんに訊ねた。

「ん? ああ、アマホクはお客つーか、なんつーか。アマミーの従兄弟でケイちゃんの友達なんだってさ」
「えっ、敬一クンの友達!?」

 コグマは困惑顔で、ギクっとしている。
 同じ敬一クンの友人で、オマケにあんなケダモノみたいな目をしたエビセンを、わざわざ好きで部屋にシェアさせているクセに、何をそんなにビビッてるんだろう?
キッチンでは敬一クンが鍋で何かを茹でていて、並んだアマホクはフライパンでせっせと何かを炒めていた。

「ああ兄さん、勝手に決めてしまいましたが、天宮に夕食を一緒に食べてってもらおうと思ってます」
「うん、いーよ。つか俺もアマホクの話聞きたいから、そのつもりだったし。あと飛び入り参加で、コグマもいっから」
「こんばんわ、小熊さん。料理多めに作ってるから、大丈夫です」
「なぁ、何作ってんの?」
「兄さんが仕込んでた塩レモンがあったんで、茹で鶏に掛けようかと思ってます」
「ほうほう、アマホクも料理出来るんだ」
「やぁ〜、出来るってほどでもないんですけど、まあちょっとくらいなら」

 本人は謙遜しているが、フライパンを振る手つきはかなり手慣れていてサマになってる。
 ルックスがイケてるから、そういう作業が割増で決まって見えるワケだが、それを差っ引いても料理出来るんだろうな、って感じだ。

「それ、トマト炒めてるん?」
「トマトとナスと豚バラのマヨネーズ炒めです。仕上げの味付けはチーズとカレー、どっちがいいですか?」
「ん、チーズ!」
「じゃあチーズでいきます」

 シノさんはそのままキッチンに留まって、二人と言うかホクトとお喋りをはじめてしまった。
 仕方がないので、俺はダイニングテーブルにカトラリーや箸を並べたり、グラスや湯呑みを揃えたりしていたが、コグマはそのまま椅子に座った。
 コグマはいわゆる ”男子厨房に立たず” ってやつの典型なところがあるから、俺みたいになんとも居心地悪げにフラフラと手伝ってんだか落ち着きがないんだか…みたいな事はせず、シノさんにドヤされでもしない限りはお客様状態で座ってしまうのが常だ。
 だが、いつもならそこでシノさんが放り出したままにしておいたマンガ雑誌を呼んだり、自分のスマホをいじったりしているのだが、今日はなんだか落ち着かない様子で、チラチラとキッチンの方を伺ったり、目線をキョドキョドとさまよわせたりしていて、なんだか様子が変だ。
 と言うか、考えてみたら今朝出勤して行く時から、少し様子がおかしかったって事を、俺は今頃になって思い出した。
 敬一クンが枝豆を茹でて、キャベツを籠盛りし、ホクトが一夜干しなど焼いたのをダイニングテーブルに並べて、食事タイムになった。
 でもシノさんは自分が招いたコグマの事など放ったらかしで、すっかりホクトと喋り込んでいる。

「で、アマホクはケイちゃんのどーゆー友達? 同級生? バスケ?」
「同級生でバスケで幼馴染で婚約者です!」
「はああ?」

 思わず俺が変な声を出してしまったら、敬一クンが苦笑しながら顔の前で手を左右に振った。

「幼稚園の頃の話です、ままごとの」
「ままごとじゃない、あれは婚約! 結婚の約束だ! 俺の心は永遠に変わらない!」
「昔からこんな事ばっかり言ってるんです、こいつ」

 ホクトは真顔で婚約を強調していて、敬一クンは笑って流していて、俺はなんと言っていいのか判らなくなり、口を噤んだ。

「じゃあアマホクも鎌倉の子なん?」
「いえ、俺は名古屋です。ケイは子供の頃、名古屋にいたんです」
「俺の母が亡くなった時、父が多忙だったので、しばらく母の実家の祖父母と叔母が俺の面倒をみてくれてたんです。そのあとお義母さんが来てくれたので、俺は家に戻りました」
「ふーん、ナルホドナルホド…」
「幼稚園の頃のケイは、そりゃあ可愛かったですよ! もちろん今も可愛いですけど!」
「ウンウン、そうじゃろそうじゃろ」

 ホクトはミナミの事で話を聞きに来たんじゃなかったっけ? と思ったが。
 ホクトはミナミの事など、もうどーでもよくなっちゃってるみたいに敬一クンの事ばかり語りまくり、それをまたシノさんが、ふんふん言いながらいくらでも聞いている。
 なんなんだろうかこの状態…。

「お兄さんはケイと一緒に寝てるんですって?」
「うん、ベッドの出物がナイんじゃもん」
「ケイ、結構寝相悪いでしょう」
「うんにゃ、そんなこたぁねェよ」
「そうですか? 俺は幼稚園のお昼寝の時、しょっちゅうケイにパンチされましたよ」
「そうなん? 俺はナイなぁ? あー、でも抱きつかれてチューならしょっちゅうされてるナ〜〜」
「えええっ!!」

 今度は俺のみならず、ホクトも俺とユニゾンで変な声を出していた。

「ケイ! 婚約者がありながら、そんな事しちゃダメじゃないか!」
「婚約もチューもしてないぞ」
「ケイちゃん寝てっから覚えてねェだけだヨ〜〜」

 シノさんがニシシと笑ってるので、ああこりゃフェイクだと気付く。
 まったくもう…と思いながら横を向いたら、コグマが、はぁ〜と溜息をついていた。
 そういえば普段なら、こういう時に俺とユニゾンするのはシノさんに気のあるコグマのハズなのに、心ここにあらずって感じなのがさすがに気になってきて、俺の方からコグマに声を掛けてしまった。

「小熊さん、どうかしたの? なんかいつもと違うんだけど…」

 俺の顔を見たコグマは、他のメンツをちょっと伺ってから、落とした声で言った。

「実は僕、変なものを見たんです」
「変て?」
「たぶん、幽霊…」
「えええっ!!」
「ヘタレン何度もウルセーなあっ、コグマ何の話をしてんだよ!」
「え…、いえ…、あの…、だから…」
「だからなんだっ、早くハッキリ言えっ、イラつくなあ!」

 シノさんにガンを飛ばされて、コグマは叫び返すように言った。

「僕、このビルの中で幽霊見ちゃったんですー!」
「はああ? 幽ぅう〜霊ぇえ〜?」

 シノさんに呆れ顔をされて、コグマはますます必死に言い張った。

「ホントなんです! 僕がちょっと遅くに帰って来た時なんですけど、いつもと違う気配を感じて上を見たら、エレベーターのシャフト越しに、階段を上に向かって白いものがスゥ〜って! もうビックリしちゃって、部屋で海老坂クンに言ったんですけど、笑われただけで全然相手にしてくれないし!」
「海老坂!?」

 ホクトは幽霊よりも、エビセンの名の方に反応している。

「海老坂は小熊さんと部屋をシェアして、ここに住んでるんだ」
「えええっ!!」

 ホクトは今更のようにコグマをしげしげと見て、左手で口を押さえ右手でコグマを指差して、
「あー…、もしかしてこちらの方、海老坂と、そーゆー?」
「違います! 僕はただルームシェアしてるだけ! それ以外のコトなんて、全っ然っ! まったくっ! なんっにもっ! ないです!」
「ホントに?」
「ホントのホントのホントですっ!」

 コグマはもう汗びっしょりで、エライ事になっている。
 その様子から俺は、コグマは見た目に反して実はかなりのビビリなんじゃないかと思い、更に部屋をシェアしてようやくエビセンがケダモノの目をしている事に気付いたのかと察した。
 一方、ホクトの方は小さく舌打ちをして、アイツめ油断も隙も…とかなんとか呟いてから。

「じゃあそれ幽霊なんかじゃなくて、不審者じゃないのかな。既に怪しい奴がいるみたいだし!」

 と言った。

「ああ不審者かぁ〜。いるかもなぁ〜、近頃変なの多いから」

 シノさんが言うと、敬一クンも頷いた。

「そういえば町内会の回覧板に、不審者に気をつけるよう書いてあったな」
「だよな」

 そのままシノさんと頷きあっている。

「そんな、不審者なんかじゃありませんよ! だって僕は三階に登るまで全然足音なんて聞かなかったし! それに僕は柊一サンにエレベーターの利用を禁止されてますけど、僕の他に禁止されてるヒトなんて居ないでしょっ!?」
「だってコグマ、見掛け倒しのビビリじゃし」
「そんな、ヒドイ!」
「事実ぢゃ〜ん」

 コグマが訴えるような目で俺を見るのだが、俺はそんな目で見られたって困るのだ。
 なぜなら俺は、ぶっちゃけオバケの類がコワイ。
 だからこのビルにそんなモノがいるなんて考えたら、一人で自分の部屋に帰れなくなるので、絶対に「幽霊なんてアリエナイ!」の方に賛同しておかなきゃならないのだ。

「そうだな…小熊さんの言う通り、住人に若い女性がいる訳でも無し、こんな老朽ビルに、わざわざ不審者が入って来る可能性は低いな…」
「何言ってるんだよケイ! 若い女性でなくたって身の危険はあるんだぞ、常に備えてなきゃダメだ! 海老坂みたいなのが、寝てるとこに侵入してくるかもしれないぞ!」
「そういうものか?」
「そういうものだよ!」

 ホクトが敬一クンに力説している。
 言われてみれば、シノさんに擦り寄りたくて侵入してくる奴くらい、いくらでもいそうな気がしてきた。
 オバケもコワイが、そんな強姦魔みたいのに侵入されるのもイヤだし、しかもそれがエビセンみたいのだったら…と想像したら、うわあむっちゃコワイっ!
「イヤだぁ! え、え、海老坂クンみたいな不審者なんてっ! そんっなオソロシ過ぎるコト言わないでっ!」

 考えただけで気絶しそうなほどコワイ話なのだが、口に出して言ったら確実にシノさんにどやされるので、俺は黙って我慢していた。
 だが、その俺が思ったまんまの事をコグマが口に出して言っている。
 やっぱりコグマは、今更になってエビセンのコワさを知ったようだ。

「何言ってんだ、このビビリぐま! そもそもエビちゃん、最初からオマエの部屋にいるぢゃんか!」
「わああ!」

 マジでコグマが泣きそうになったので、俺はそっと言ってやった。

「ダイジョウブだよ、今まで一緒にいても食われなかったんだから、きっと小熊さんは食われないよ…」
「ホントにこのままでダイジョウブでしょうか!」

 コグマが縋るような目で俺を見るので、うんうんと頷いてやった。
 そして、きっとコイツこれから俺の友達になるんだろうなあと思った。

しおり