エンドロールをもう一度

宮森遥太

高校三年、最後の文化祭。文化祭実行委員の槻柳勘直(きりゅう かんち)は、幼馴染の各務陽介(かがみ みょうすけ)から劇の主役になりたいことを聞かされる。
ずっと家族みたいに過ごしてきて、その人となりも知っている陽介が、敢えて主役をやりたがったのはどうしてなのだろう。そこにある思いを、勘直はまだ知らないでいる。
時を同じくして、二人のクラスメイトである万丈北斗(ばんじょう ほくと)、氷室真弘(ひむろ まひろ)もまた、それぞれの思いの中である決意を固めていた。
変わりたい、前へ進みたい。それぞれの思いの中、少しずつ四人の「今」は変わっていく。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ばんじょう
    ひむろ
    かがみ
    氷室真弘
    各務陽介
    陽介
    槻柳勘
    きりゅう かんち
    クラスメイト
    幼馴染
    主役
    エンドロール
    勘直
    ひろ
    決意
    万丈北斗
    文化祭実行委員
    文化祭
    人となり

    Web Services by Yahoo! JAPAN

目次
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち