終わりと始まりに嗤う (外部サイトで読む

一果蜂火

魔力など存在しない、現代社会。
異世界より帰還し者達は、この世界より拒絶され続け、非能力者達の前では力を扱うことすら出来ない。
この日、ある存在により『世界の理』が書き換えられ、同時に全世界同時多発テロが発生した。その時に人々が目にしたのは、これまで空想の世界の力であった筈の『魔法』であった。これまでの世界は終わりを告げ、新しい世界が始まった。
これは現代を舞台に、混沌と化していく世界を生き抜こうとする者達の物語。

“終わりと始まりの日”と呼ばれるこの日———その顔は嗤っていた———

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    mdash
    空想
    魔力
    多発テロ
    &mdash
    日&mdash
    日&rdquo
    魔法
    人々
    舞台
    現代
    物語
    者達
    現代社会
    異世界
    存在
    非能力者達

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち