佚語を生きる! -いつがたりをいきる-  竜の一族 中巻 偽りの残滓編   (外部サイトで読む

shigeru_kimoto

『壱場 あらすじ』 

前編、【竜の一族 降天の巫女編】 からおよそ半年後、

ようやく暖かくなった春の日に吉右衛門は顔に刀傷のある鎌田政光に仕事の依頼を受ける。

依頼内容は、鎌田の主人の奪還。

その、奪還作戦の相棒として吉右衛門につけられた男は、以前に静華に絡んだ弁慶。
弁慶は、静華の諭通り、正業に就くためにいくつかの職を転々とした居たらしいが、鎌田の主人の郎党になっていた。

捕らわれた主人の名は、源九郎義経。

 弁慶とともに主人が捕らわれている山腹の寺に偵察に行くと、突然、篠笛の音とともに雷撃を食らう。あきらかに降天の巫女の力。静華は巫女の力を失ったと言っていたが……別な誰かと言うのか?幸いにも竜の加護で難を逃れた二人だが……

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    hellip
    山腹
    弁慶
    鎌田政光
    加護
    静華
    郎党
    偵察
    奪還
    鎌田
    篠笛
    一族
    佚語
    残滓編
    巫女
    奪還作戦
    相棒
    雷撃
    諭通り
    あらすじ

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち