殺戮(逆ハー)エンドを迎えた悪役令嬢様も、二度目は一人に絞り込んだ模様です (外部サイトで読む

人紀

 公爵令嬢、エリージェ・ソードルは凡庸である。
 同い年の者を百名集めれば、せいぜい二、三十位ぐらいの素質しかない。
 優れた機転も、奇抜な発想力も、正確無比の記憶力も、無い。
 希にみる初期魔力量も、目を見張る魔術適正も、高い運動能力も、無い。
 毎年学園を訪れては卒業していく、”そこそこ”優秀な令嬢にすぎないのだ。
 だが、誰もエリージェ・ソードルの凶行を止められなかった。

 英才教育を受けていた次期王太子も、
 剣の天才である伯爵子息も、
 魔術の奇才児も、
 異国の王子も……。

 誰一人として、この女を止められなかった。
 だから、この女は完成させた。
 楽園を、愛した男達が離れていくことのない――楽園を完成させた。

 だが、それもこの女に以前仕えていた使用人らの登場で崩壊することとなる。
 そして、元護衛騎士の男に心臓を刺し貫かれて、この女、エリージェ・ソードルは死んだ……はずだった。
 ところがである。
 この女、気がつくと六年前の自邸にいた。

 この女、エリージェ・ソードルは現実主義者である。

 正確には、自身が理解できる範囲で物事を考える。
 故にこの女、過去に戻ったこの現象を放置する。
 だが、そのかわりに前回、公爵代理としてぶつかった難問を、徹底的に改善し始めて……。
――
 凡庸な女、公爵令嬢エリージェ・ソードルが、恐るべきと形容すべき目的意識で身につけた魔力と”改善”をひっさげ、国のため、公爵領のため、領民のため、使用人のため、愛すべき人の為にがんがん突き進む。
 そんなお話です。
 この女、基本的に貴族主義です。
 この女、基本的に論破とか説得とかしません。
 多くの場合、地位や暴力で解決します。
 そしてこの女、基本的に自重はしません。

 胸くそ描写が多数含まれていますが、基本的にざまぁ、とセットです。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    hellip
    凶行
    凡庸
    機転
    使用人
    伯爵子息
    殺戮
    難問
    自重
    素質
    公爵令嬢
    同い年
    正確無比
    公爵領
    論破
    かわり
    令嬢
    魔力
    異国
    公爵代理

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち