ハエトリグモは差別をしない。同じ仲間でも子どもでもなんでも食べる。 (外部サイトで読む

月澄狸

この間ハエトリグモの共食いを見たところなのにまた起こってしまった……。しかし私の善悪観とハエトリグモの感覚、健全なのはどちらだろう。命に好き嫌いや優劣を付けて差別しているのはどちらだろう。すべての命が等しく尊いなら、殺していい命と殺しちゃいけない命などあるはずがない。それでも食べなきゃ生きられないこの世界で、より「平等」で「差別のない」生き方をしているのは……。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    共食い
    優劣
    ハエトリグモ
    好き嫌い
    間ハエトリグモ
    善悪観
    差別
    感覚
    仲間
    子ども
    生き方
    すべて
    ところ
    世界

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち