【書籍化決定】薬屋経営してみたら、利益が恐ろしいことになりました ~平民だからと追放された元宮廷錬金術士の物語~ (外部サイトで読む

まいか

錬金術士であるアイラは、調合で様々な種類の薬を精製することが出来た。
彼女はその才能を国家に認められ、平民でありながら宮殿内で国家錬金術士として働くまでになった。
しかし、平民が宮殿内で要職に就いていることに、虫唾を走らせていた第二王子の手によって追放されてしまう。

「貴族錬金術士が3人も見つかった。お前などもう必要ない。宮殿から出て行け! 平民が!」

その後、アイラは街で薬屋を経営することになるが……彼女の他とは一線を画す才能により、お店は大繁盛。アイラを最初に雇った第一王子殿下のクリフトも訪れ、さらに活気あるものになっていく。

一方で、貴族の中で錬金術士を見つけたとして、アイラを追放した第二王子は……。

※アルファポリス様にも掲載しております(45話辺りから展開が変わっていきます)

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    クリフト
    要職
    平民
    アイラ
    薬屋
    調合
    宮殿
    一線
    貴族
    虫唾
    アルファポリス様
    才能
    貴族錬金術士
    元宮廷錬金術士
    一方
    国家
    国家錬金術士
    錬金術士
    利益
    お前

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち