AI 作品分析機能、気になります。

  • 妹に婚約者を奪われて婚約破棄された上に、竜の生贄として捧げられることになりました。でも何故か守護竜に大切にされているようです  外部URLを開く

    アトハ

    ダメーナ子爵家の姉妹であるイリスとティアナ。

    何でも要領よくこなし、愛想の良い妹のティアナ。
    物覚えも悪く、愛想がないと蔑まれてきた姉である私――イリス。
    私は屋敷中から冷遇されて、いつからか召使いのように扱われていました。

    ある日、唯一の婚約者すら妹のティアナに奪われてしまいます。
    失意の私に追い打ちをかけるように、両親からこんな言葉をかけられます。
    『妹の身代わりになれ』と。

    「聖女」であるティアナには、国を守護してもらえるよう「竜」に祈りを捧げる役目があります。
    この国は聖女が竜に祈りを捧げ、竜が聖女の祈りに応えて国を守護することで栄えてきたのです。

    もっとも面倒くさがりな妹は、祈りを欠かすことも多く竜の怒りを買ってしまったのでしょう。
    そんな時に生贄となり竜の怒りを鎮めるのも聖女の役割なのですが――妹を溺愛する両親は、私を身代わりにすることを思いたようです。

    そうして「守護竜」のもとに向かう私ですが――


    これは妹の身代わりに生贄にされたイリスが、何故か竜神に大切に扱われ新天地で幸せをつかみ取るお話です。

    81クル

    カテゴリー内順位92位 / 6,093件

    ジャンル内順位23位 / 903件

    (0)

    主人公の性別
    主要登場人物の属性
    少女
  • 「魔力支援役なぞいらん!」と勇者に追放されたけど…パーティの魔力は全て僕が供給してたんだよ?魔力不足で聖剣が使えない?もう遅い。メンバー全員が勇者を見限ったので◆《魔力無限》のマナポーター  外部URLを開く

    アトハ

    「我がパーティに魔力支援しかできない無能は不要! よって貴様を追放処分とする!!」

     僕――イシュアは、そんな理不尽な理由で追放された。
     世界の希望を背負って立つはずの勇者によって。

     マナポーターとは魔力不足のパーティに、魔力を供給するパーティのかなめとも言える重要なジョブである。

    「僕がいないと、すぐにこのパーティは魔力不足でまともに戦えなくなります。考え直すべきです」
    「黙れ! 落ちこぼれの分際で口答えをするな!!」

     そうして追放された僕であったが――


    「待ってください! イシュア先輩!」

     追いかけてきたのは、なんと勇者パーティの聖女・アリアであった。
     彼女は冒険者育成学校に通っていたときの後輩である。

    「先輩に見捨てられたかと、すごい後悔してました」
    「勇者パーティはどう考えても、先輩のおかげで辛うじて持っていたようなもんじゃないですか!」

     アリアは涙ながらに訴えかける。
     勇者はあろうことか、パーティメンバーに黙って僕のことを追放したらしい。

    「私、先輩に付いていきます!」
    「あんなリーダーに付いて行っても未来はありませんから」

     アリアはきっぱりと言い切り、僕と旅を続けることの望むと明言。
     こうして聖女様との旅が始まったのだった。



     一方、勇者パーティには修羅場が訪れていた。

     勝手にイシュアを追放した勇者は、メンバー全員に責め立てられていた。
     イシュアがパーティを支える重要人物であることを、勇者以外はみんな理解していたのだ。
     それでも勇者の権力を笠に着て、強引にAランクパーティーの攻略を進めようとする。
     しかしメンバーが2人抜けて、すぐに魔力が枯渇する勇者パーティにそれは叶わない。

     ――勇者パーティには、どこまでも暗雲が立ち込めているのだった。

    743クル

    カテゴリー内順位18位 / 6,093件

    ジャンル内順位15位 / 3,056件

    (0)

    主人公の性別
  • 罪人として魔族領に追放されましたが、魔王に溺愛されて幸せです  外部URLを開く

    アトハ

    「フィーネ・アレイドル公爵令嬢! 私は、貴様との婚約を破棄することをここに宣言する!」
    王子に婚約破棄された私(フィーネ・アレイドル)は、無実の罪で魔族の支配する魔族領に追放されてしまいました。

    魔族領に降りた私を待っていたのは、幼い頃に助けた猫でした。
    魔族にすら見えない猫ですが、魔族領では魔王の右腕として有名な魔族だったのです。
    驚いた私に、猫はこう告げました。

    「魔王様が待っています」

    魔王様が待ってるって何、生贄にでもされちゃうの? と戦々恐々とする私でしたが、お城で待っていたのは私を迎えるための大規模な歓迎パーティ。
    こうして私の新天地での幸せな生活が始まったのでした。

    0クル

    カテゴリー内順位1021位 / 6,093件

    ジャンル内順位231位 / 903件

    (0)

    主人公の性別
    主人公の年齢
    10代
    主要登場人物の属性
    少女
    魔王
    モンスター
    その他の要素
    悪役令嬢
    婚約破棄
    レイティング
    R15
  • 婚約破棄、果てにはパーティー追放まで!? 事故死を望まれた私は、第2王子に『聖女』の力を見出され性悪女にざまぁします  外部URLを開く

    アトハ

    「マリアンヌ公爵令嬢! これ以上貴様の悪行を見過ごすことはできん! 我が剣と誇りにかけて、貴様を断罪する!」
     王子から突如突き付けられたのは、身に覚えのない罪状、そして婚約破棄。
     更にはモンスターの蔓延る危険な森の中で、私ことマリアンヌはパーティーメンバーを追放されることとなりました。
     このまま私がモンスターに襲われて"事故死"すれば、想い人と一緒になれる……という、何とも身勝手かつ非常識な理由で。
     
     パーティーメンバーを追放された私は、森の中で鍋をかき混ぜるマイペースな変人と出会います。
     どうにも彼は、私と殿下の様子に詳しいようで。
     というかまさか第二王子じゃないですか?
     なんでこんなところで、パーティーも組まずにのんびり鍋を食べてるんですかね!?
     そして私は、聖女の力なんて持っていないですから。人違いですから!

    1クル

    カテゴリー内順位681位 / 6,093件

    ジャンル内順位170位 / 903件

    (1)

    主人公の性別
    主人公の年齢
    10代
    その他の要素
    悪役令嬢
    婚約破棄