あなたへのおすすめ

  • あっという間の桃太郎 【 1話完結~30話~ 】

    komasen333

    不朽の名作『桃太郎』のパロディ30連発!

    1話完結で全30話。

    あっという間に始まり
    あっという間に終わる
    超速な桃太郎ワールド。

    0クル

    カテゴリー内順位842位 / 6,036件

    ジャンル内順位27位 / 124件

    (0)

    時代
    古代・過去
    舞台
    日本
    主人公の年齢
    50代以上
    その他の要素
    コメディ
  • 悪い刺青はなかった - 英国王室を魅了した江戸刺青

    現在の日本では、刺青はヤクザがするもの、悪いもの、という古いイメージがある。
    一方で海外では、刺青はファッションとして入れるのが一般的であることが、スポーツ選手やミュージシャンを通じて、ファッション刺青という新しいイメージで日本に入ってきた。

    しかし調べてみると、ファッション刺青は江戸時代中期の日本で発祥し、幕末から明治初期に日本から英国に輸出された古いイメージであり、刺青は悪いものというイメージこそ、昭和中期の誤解によって生まれた新しいイメージであった。

    そこには明治政府と英国王室の驚くべき歴史があった。
    (幕末~明治初期の英国大使の手記より)

    0クル

    カテゴリー内順位842位 / 6,036件

    ジャンル内順位27位 / 124件

    (0)

  • ありま氷炎

    時は江戸時代。
    江戸で評判の美人、笠森お仙。
    彼女の隠された秘密と、その恋の物語。
    *時代考証が少なめです。暖かい目でお読みください。

    0クル

    カテゴリー内順位842位 / 6,036件

    ジャンル内順位27位 / 124件

    (0)

    時代
    古代・過去
    舞台
    日本
    主人公の性別
    主人公の年齢
    10代
    20代
    その他の要素
    暴力・流血描写あり
  • 匿名

    私が、ネタニヤフに関し思うのは、彼は、まあ、大統領である。自分が、殺したいから、ガザ地区の人を殺しているのか、それとも、イスラエル人とか、他のユダヤ教徒の、代表として、彼らを殺す様に決定しているのか、どちらなんだろう という事である。預言者は、他人の話を聞くものである。ので、預言者は、他人の意思を実行するものであろう。もし、ネタニヤフが、預言者風のキャラクターであるなら、彼の意思に反し、ユダヤ教徒の意思を持って、ガザ地区の人々を殺しているのであろう。もしそうなら、ネタニヤフを、暗殺しようと、解雇しようと、ガザ地区への虐殺は、止まる事はない。新たな預言者が、ユダヤ教徒の意思を、実行するだけである。一方、もし、ネタニヤフの意思で、殺しているのなら、彼を殺せば、止まるかも知れない。さあ どちらだろう。もし、ネタニヤフが、自分の意思で、行動しているなら、彼は 預言者 というよりは、王なんだろう と 思う。おそらく前者であろうと思う。ガザ地区の人々が、救われる手段は、全面降伏しかないのかも知れない。しかし、全面降伏したものに対し、ユダヤ教徒が、投降させるシステムを持っていると思えない。じゃあ、彼らは、外国に逃げるしかないと思う。彼らの逃げ道を作らないといけない。あそこに、イスラエルの植民地を作らせたのは、イギリス人である。イギリス人には、ガザ地区の連中を、避難させる義務があるし、もし、ガザ地区から、イスラム教徒や、アラビア人や、異邦人・・・非ユダヤ教徒 が 全員いなくなれば、イスラエル人や、ユダヤ教徒の、悲願も成就するのである。イギリスは、当初の計画を、完結させるべきだ。と 同時に、ガザ地区にいる異邦人を、逃れさせないといけない。まあ、もし、ガザ地区の異邦人が、全員いなくなったら、他に彼らは、手を出すかも知れないが。どこまで増長する、ユダヤ教徒。ただ、さしあたっては、ガザ地区である。その次の問題が起こったら、その時に考えればいい。

    0クル

    カテゴリー内順位842位 / 6,036件

    ジャンル内順位27位 / 124件

    (0)

    時代
    現代
  • 高木紀久

    イルミナティ(フリーメーソンの上位組織)に関する詳説。フリーメーソン(フリーメーソンリー)に関する詳説。NWO(ニューワールドオーダー)に関する詳説。その他に関する概説。

    0クル

    カテゴリー内順位842位 / 6,036件

    ジャンル内順位27位 / 124件

    (0)

  • 一条 灯夜

    古代の都市国家。闘争を国是に掲げる国があった。
    主人公アーベルは、所属する少年隊で最も人を殺しその実績を認められつつも、好戦的な性格から周囲に恐れられていた。
    殺して奪うだけの日常に飽きつつもあったある夜、離れた村を襲撃した際に、エレオノーレという美しい少女と対峙することになる。小さな賭けの負け、そこから始まる戦いの日々の中で手傷を負い、ほんの僅かにエレオノーレに感化されていく。国を抜ける最後の関所でのかつての師との戦いと、知られた秘密。旅路の果ての港町にて、アーベルとエレオノーレは再び剣を向け合った。新しく、二人で進むために。

    主人公アーベルの一人称視点でおくる、成長と変化の物語です。
    ファンタジー、転生、チートなどの要素の無い、古代西洋世界の時代小説。
    注:歴史上の出来事を参考にしている部分もありますが、史実に則った形ではなく、あくまでその時代の架空の物語です。その時代の神話や国体の一部は、物語の関係上、独自解釈や、若干手を加えている部分があります。

    0クル

    カテゴリー内順位842位 / 6,036件

    ジャンル内順位27位 / 124件

    (0)