準賢者の行進 (外部サイトで読む

牛盛空蔵

 悩める男子高校生・竹永は、全国模試で万年二位。ある日、常に一位を獲る女子・比名から、お互いの友人とともに、とある同好会の設立の話を持ち掛けられた。その同好会(部活動)とは、竹永の劣等感の元である「勉強」を支援するというものだった。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    行進
    竹永
    全国模試
    お互い
    劣等感
    設立
    同好会
    準賢者
    比名
    友人
    男子高校生
    勉強
    女子
    部活動
    一位
    万年二位

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち