グンマー建国物語 〜平和を愛する公務員は平安時代でも元気に地方創生します〜 (外部サイトで読む

ハビタブルゾーン

平安時代末期の日本に転移してしまった近未来人の龍彦は “上野国(今の群馬県)に国司として赴任する藤原定家” と偶然出会い、定家の下で公務員(平)として上野発展に奮闘する。

武士が台頭しはじめ貴族の権力が衰えつつある中、文学の衰退を危惧する定家からその卓越した知識を見込まれて国風文学の普及を命じられる龍彦。
文学を庶民の文化へと昇華させるため、武士からの干渉をのらりくらりと躱しながら庶民の生活改善のため食料改革、技術革新に取り組んでいく。

テーマは自然との共存・共生です。当時の人々の生活を科学技術を駆使してリープフロッグ型発展を遂げさせつつも現代史の失敗を教訓として可能な限り環境に配慮した優しい世界にしていこうと奮闘します。

*藤原定家の設定は一部改変されており、群馬に赴任したという史実はありません。
*史実通りの出来事も登場しますが源平合戦で中立を保った地域を舞台としているので朝廷や鎌倉幕府の登場頻度は多くありません。
*知識不足による矛盾、間違いなどがあるかもしれません。申し訳ありません。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    国司
    龍彦
    朝廷
    史実
    中立
    グンマー建国物語
    リープフロッグ型発展
    武士
    干渉
    教訓
    衰退
    共存
    鎌倉幕府
    貴族
    矛盾
    庶民
    権力
    文学
    食料改革
    史実通り

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち