【騙し、騙され、異世界転生】ヴェーレ王子は頑張って保身に徹してましたが残念ながら全て無駄になってしまいました ―継承争いに巻き込まれたくなかったので早めに王室を飛び出しただけなのに― (外部サイトで読む

谷 朗

胴江正武。四十五歳の日本人。
私は恥の多い生涯を送ってきました。後悔しかない。

 ああ、畜生。もっと上手く立ち回っておけば。国家権力も、警察も法律もオレの敵ではなかったんだ。上手く扱えば強力な味方になっていたと言うのに。

 反省点が走馬灯のように流れていく。幼少期にもっと勉強に精を出していれば。湯水の如くお金を浪費しなければ。もっと思慮深く考えてから行動に移していれば。

 願わくば、次の人生ではもっと上手く立ち回れることを願って——。
 ここで、オレの意識は途切れたのだった。

 すると、オレは何故か記憶を持ったまま赤子になっていた。
 仰々しい屋敷に生まれたオレ。正直、何がなんだかわからない。

 わからないけど、一つだけ決めていることがある。
 それは偉い人や国家権力には逆らわない。無難に生きていくんだ。
 保身に徹して、決して心証を下げない。

 そう決めたはずなのに、何でこうなってしまったのか。
 王子に転生した男が繰り広げるスローライフ&戦記。

 彼は、王国をどうするつもりなのか。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    心証
    mdash
    走馬灯
    湯水
    保身
    胴江正武
    赤子
    思慮
    仰々しい屋敷
    王室
    ヴェーレ王子
    継承争い
    スローライフ&戦記
    国家権力
    オレ
    王国
    王子
    味方

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち