ギルドから追放された実は究極の治癒魔法使い。それに気付いたギルドが崩壊仕掛かってるが、もう知らん。僕は美少女エルフと旅することにしたから。 (外部サイトで読む

湯二

僕は治癒魔法使い。

子供の頃、僕は奴隷として売られていた。
そんな僕をギルドマスターが拾ってくれた。
だから、僕は自分に誓ったんだ。
ギルドのメンバーのために、生きるんだって。

でも、僕は皆の役に立てなかったみたい。

「クビ」

その言葉で、僕はギルドから追放された。
一人。
その日からギルドの崩壊が始まった。
僕の治癒魔法は地味だから、皆、僕がどれだけ役に立ったか知らなかったみたい。

だけど、もう遅いよ。
僕は僕なりの旅を始めたから。


  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    崩壊仕
    ギルド
    クビ
    治癒魔法使い
    ギルドマスター
    治癒魔法
    崩壊
    奴隷
    みたい
    究極
    美少女エルフ
    メンバー
    言葉
    子供
    どれだけ役
    自分

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち