戦神がいた国 (外部サイトで読む

目目ミミ手手

ユグル大陸には5つの国があった。

北の国『バルバロイ』。この国は険しい山がいくつもあり、一年中雪に覆われた過酷な国である。彼らは獣と人が混ざったような容姿をしており、凄まじい身体能力を誇る。

南の国『ウルズ』。ここは身の丈5メートルを超える巨人たちの国だ。

西の国『マグノ』、ここは魔法技術に長けた国だが資源に乏しく常に他国への侵略を行っている国。

東の国『ヤマト』、ここにはサムライと呼ばれる種族が住んでいる。戦闘能力では最強と言われている。

最後にこの4国に囲まれユグル大陸の中心に位置し、他の4国の10分の1ほどの国土しか持たない小国『アルヴ』。ここに住むのはエルフという種族だ。長命という以外は特に特徴のない、そんな種である。ただこの国は2000年続く戦国時代でどの国の侵略も許しはしなかった。

それはたった一人の男によるものであった。

『戦神 ジン・コウテンセイ』

彼によってこの小国は2000年もの間ユグル大陸の中心に君臨してきたのだ。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    バルバロイ
    マグノ
    ウルズ
    長命
    小国
    種族
    ジン・コウテンセイ
    サムライ
    エルフ
    ユグル大陸
    侵略
    アルヴ
    以外
    容姿
    国土
    間ユグル大陸
    資源
    一年中雪
    ヤマト

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち