とある原初の神々の創世神話

山村久幸

 とある異世界にある、神を崇拝する国の教皇は星の最高神より神託を受けました。
「『原初の神』と対談し、後世に伝わるような書を書き起こせ。更には誰でもわかるような話にまとめろ」と。

 教皇はそれから時間をかけて、原初の神と対談し、苦心して書を書き起こしました。
 更にはその書を元に、幼き子も含め誰にでも伝わるように苦心して神話を作り上げました。
 教皇が書き起こした書は教国の聖職者のみならず、全世界の神学を志すものがよむこととなりました。

 この小説はそんな教皇が書き起こした書の内容です。

※下記、同時掲載予定サイト
小説家になろう、カクヨム、アルファポリス、ノベルアップ+、MAGNET MACROLINK、エブリスタ、ノベルバ、ツギクル、NOVEL DAYS

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    アルファポリス
    ツギクル
    原初
    神学
    カクヨム
    教皇
    エブリスタ
    後世
    創世神話
    ノベルバ
    MAGNET MACROLINK
    神々
    NOVEL DAYS
    神話
    神託
    幼き子
    ノベルアップ
    聖職者
    小説
    教国

    Web Services by Yahoo! JAPAN

目次
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち