追放された宮廷錬金術師、未来の世界で無双する ~研究成果を奪われて追放されたので、この時代に見切りをつけて転生。未来の世界では俺がいなくなったせいで錬金術が失われていました~ (外部サイトで読む

月雲 十夜

「魔法じゃない――これが錬金術だ」

史上最強の賢者と呼ばれた錬金術師アルフは、いわれのない嫌疑をかけられ追放の憂き目にあう。
しかし、アルフにとって、それは都合のいいことだった。
自由になった彼は、さらなる錬金術の高みに至るため、最強の“ホムンクルス”の肉体に転生することを決意。
無事に、転生術式は成功したのだが……。

「……錬金術が、おとぎ話だと?」

そこは、錬金術のまがいもの――“魔法”が支配する1万年後の世界。
アルフの追放によって錬金術は衰退してしまい、未来で錬金術を使える者はアルフただ一人となっていた。
さらに技術が衰退した世界では、ホムンクルスの力も理解されず、アルフは落ちこぼれとして扱われてしまう。
そのため、アルフは決意する。

「――この時代に、真の錬金術を教えてやる」

……と。
これは、一人の錬金術師が、“最強の魔導師”として成り上がっていく物語である。

※改題しました。旧題:魔法適性0%の転生賢者、【錬金術】の力で無双する ~錬金術を誰も知らない10000年後の世界で、最強の魔導師として成り上がる~

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    hellip
    ホムンクルス
    嫌疑
    アルフ
    いわれ
    憂き目
    おとぎ話
    高み
    ホムンクルス&rdquo
    追放
    &ldquo
    錬金術師アルフ
    錬金術
    転生
    宮廷錬金術師
    魔法&rdquo
    肉体
    最強
    魔導師&rdquo
    決意

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち