銀毛に眠る ー狐と猟師、人と獣の物語ー (外部サイトで読む

下之森茂

「〈アラズ〉の神々の元へ。」
赤髪の若き男は死にゆくシカの魂に、
神々へ導きの祝詞を上げる。

男は森林に棲む獣を狩り、
肉とする猟師・ヨエル。

禁猟区の深き森、〈禁域〉で
珍しい銀毛のキツネに遇う。

――はらへったのぅ。
空腹を訴えるキツネが人の言葉を話すので、
男は折れて餌付けしてしまう。
――犬ころと一緒にするでない!

猟師は剥いだ皮を売る為、町へ降りると、
そこで美しい金髪の娘・キルスと出会った。

狐と猟師、人と獣の物語。

――――――――――――――――――――

ハーメルン他にて重複掲載。
https://shimonomori.art.blog/2020/05/01/ginmou/

※本作は横書き基準です。
 1行23文字程度で改行しています。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    アラズ
    ginmou
    禁猟区
    猟師
    祝詞
    キツネ
    シカ
    猟師・ヨエル
    空腹
    神々
    ハーメルン他
    横書き基準
    shimonomori.art.blog
    森林
    はら
    娘・キルス
    禁域
    犬ころ

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち